“甘いものは、虫歯になる!”

これって、子供の頃から聞かされてきた常識ですよね。

でも、虫歯になるどころか虫歯になりにくくしてくれる甘いものがあったら嬉しいですよね。

実は、それがあるんです!

それが、健康食品としても知られる「はちみつ」です。

 

なんで、虫歯にならないの?

ネットで調べてみると、養蜂場のホームページにこう書いてあります。

はちみつに含まれる糖分は大きく「果糖」と「ブドウ糖」に分けられ、ブドウ糖より果糖が
多く含まれています。虫歯菌の栄養となるショ糖は全体の数%しか含まれていないた
め、砂糖(ショ糖)等に比べ虫歯になりにくいと言われています。また、はちみつには強
い殺菌力があります。この殺菌力が口の中の細菌を減少させ、逆に虫歯になりにくい
という研究結果があります。
〜山本養蜂場HPより〜

つまり、糖分にも「虫歯になるもの」と逆に「殺菌効果があるもの」があるんですね。

しかも、カロリーはお砂糖の1/3!

これであれば、甘いものが大好きな子供たちにいいニュースですよね。

大人にも効果あり!はちみつで歯みがき⁉︎

なんだか、信じられない話ですが、歯周病対策にもいいのだとか

やり方は、こんな感じです。

①はちみつで歯を磨くこと

②はちみつを大さじ1杯、コップの水に溶かしてうがいをすると

歯槽膿漏や虫歯を予防し、口臭を防ぐ事が出来る。

〜こにし歯科医院のブログより〜

実際に、やってみるとなるほど少しツルツルするような気がします。

紀元前の古代エジプトの医術書にも、はちみつは登場します。

先人の知恵はすごいですね。

 

また、原料が100%はちみつの飴も売っていますので、舐めているだけで効果があるのはうれしいですね。

 

気をつけたいこと

いくつか、気をつけないといけない点があるそうです。

以下にまとめてみました。

1、非加熱・無添加・無加工の100%原料のはちみつを使うこと

>当たり前の話ですが、加工品にはお砂糖が入っています

これでは、逆効果ですよね。

2、1歳未満のお子さんには、控えてください

>胃腸が未発達の乳幼児には、中毒症を起こす例もありますので要注意です

3、海外のはちみつは要注意

>植物によっては、要注意のものがあります。特にレンゲツツジや、アセビ、ネジキ

というツツジ科の植物は要注意だそう(食品安全委員会

 

最近は、いろいろな種類のはちみつも登場しており、ますます注目されそうですね。

ちなみに国産のはちみつは、安心だそうです。

 

「甘いものはダメ〜!」と子どもに教える前に、はちみつを試してみてはいかがでしょう?

子どもはハッピー、ママも安心ですね。

 

ははえる編集部 マガリオ